炙る チェリチェリ、沖縄の国際通りにある美味しい居酒屋

沖縄旅行に主人と行った際に、立ち寄った居酒屋さんです。
色々下調べはして行ったんですが、行こうとしていた居酒屋さんが満席との事で、急遽、歩いて探す事になりました。

国際通りのメイン通りから一本裏の道を歩いていると、雰囲気のある一軒家の居酒屋さんを発見。
平日の20時すぎだったんですが、かなりの混み具合です。

名前も「炙る チェリチェリ」となんか意味深で変わっています。
ちょうど帰られるお客さんがいたので、主人と入る事にしました。

炙る チェリチェリは、カウンターと小上がりの座敷があり、30名は入れそうな感じです。
店内は結構暗めで、若干目は疲れる感じですが、雰囲気はあります。

店名の通り「炙る」料理がメインっぽい。

とりあえず、食べたかった海ブドウのサラダと、島らっきょうの塩漬け、クリームチーズとアオサの磯辺和え、石垣牛のカルビ等を注文。
下調べもしていないし、あまり期待はしていなかったんですが、どれも美味しくてびっくりしました。

炙る チェリチェリのお通しは、自家製豆腐という事だったんですが、濃厚。
サラダも海ブドウとアグー豚の生ハムの塩気とシークワーサーのバランスがよく、とても美味しかったです。

とても気に入り、炙る チェリチェリに行くためだけに沖縄に行きたいと思わせてくれるお店でした。
従業員の方も、気さくさと距離感がちゃんとある方ばかりでした。

店名:炙る チェリチェリ
住所:沖縄県那覇市久茂町8-19
電話:098-861-1020