「麺類」カテゴリーアーカイブ

大阪府東大阪市のさばね (鯖寧)のお洒落なラーメン

店名:さばね (鯖寧)
住所:大阪府東大阪市新池島町3丁目12-12
電話:072-921-3412

このお店、さばねは昼と夜の営業を行っていますが、昼と夜とで顔が違います。
昼はさばラーメン、夜はさば料理を出すお洒落なバルに変化するのです。

さばねランチタイムのおすすめメニューは『白海 さばらーめん1号』です。
1000円と少し高めですが、それだけの価値はあります。

出汁をさば節と昆布からとっていて、うまみ成分がしっかりスープに出ています。
塩ラーメンのあっさりした味わいなので、サバの味が際立っておいしいです。

ラーメンのお供にご飯ものも食べてほしいです。
『塩さば丼』は軽く表面を炙っていて、とても香ばしいにおいがします。

骨抜きされているので、骨を気にすることなくガツガツと食べることができます。
なんとお値段は300円です。
これは絶対に食べるべきだと思いますね。

さばねの夜は、様々なサバ料理が食べられます。
熟成さばの煮つけなどは、酒のあてに最適です。

日本酒にも合いますし、白ワインとの相性もバッチリです。
こちらは500円で食べることができます。

サバが苦手な人もいるかと思いますが、他にも普通の居酒屋で出されているようなメニューが豊富にあります。
サバ好きであれば、さばねは行くしかない場所ですけどね。

香川県丸亀市、上田うどん店はコシのきいた美味しい讃岐うどんが楽しめる

店名:上田うどん店
住所:香川県丸亀市飯山町東坂元722-1
電話:0877-98-0014

上田うどん店は、うどん屋の多い香川県の中でも特に人気のあるお店らしいです。
こちらの特徴は細い面と甘い出汁汁かなと思います。

そしてコシが素晴らしいです。
細麺ではあるものの、かなりコシがきいていて、特に冷たいタイプを注文するとさらにコシが強く堪能できます。

上田うどん店おススメは「海苔明太うどん」で、お値段は400円です。

甘めのおつゆに明太子の辛さが交じり、そこに温泉卵が混じって少しマイルドな味わいになり、とっても美味しいです。
刻み海苔がたっぷりとかかっているのですが、これもすごくマッチしています。

上田うどん店の店内は全てカウンター席で、真ん中に店員さんがいてオーダーを聞いたり料理を持ってくてくれるスタイルになっており、料理が出てくるまでは早いです。

人気があるのでお客さんの数も多いですが、回転が速いのであまり待ち時間はありません。
上田うどん店の店員さんは愛想がいいという感じではないですが、スピーディーに動いてくれるのでいい感じだと思います。

駐車場も広くて停めやすいですし、待つ場合にはベンチがあるので助かります。
お土産用のうどんも置いていますから、買って帰ることができるのもいいです。

福岡県福津市、一度食べたら通いたくなる!ら〜麺 味噌哲の魅力

味噌哲は、福岡県福津市中央にある一軒のラーメン屋さん。
お昼時になると店の前の駐車場は満杯になり、店内はすぐに賑わい始めます。

ラーメン屋というと男性客が一人でささっと食べて仕事に戻っていくようなイメージがありますが、味噌哲は男性客ほもちろんのこと、カップルや家族連れも多く、どの客層からも愛されています。

私を含め数々の友人が口を揃えて一押しするのが、温玉のせチャーハン!!
「え?ラーメンではなくて?」と思われたかも知れませんが、もちろん味噌哲、ラーメンも美味しいんです。

でも、味噌哲のチャーハンが美味しすぎて、ラーメンを超えてきます。
味付けがまさに絶妙で、始めて食べた時は本当に感激しました。

それ以来ラーメンを注文する時も、必ずチャーハンセットを注文し、店に来たからにはチャーハンを食べ逃すことがないようにしています。

価格もかなりリーズナブルで、味噌汁サラダがついて550円。
100円アップで大盛りもあるので、がっつり食べたい男性の方も満足していただけると思います。

ラーメンの中での個人的な一押しは赤味噌ラーメン。
こちらも600円と有難いお値段。

先程記述したチャーハンセットは半チャーハンだと220円でつけることができるので、例えば赤味噌ラーメンに半チャーハンセットをつけても820円とお手頃です。

味噌哲の店内に入ると店員の挨拶もとても明るく、子ども連れのお客様にはすぐに子ども用の椅子を準備したりと、気持ちの良い接客をしてくれます。
ぜひ福津に足を運んで感激のチャーハンを味わってみてください。

店名:ら~麺 味噌哲
住所:福岡県福津市中央5-7-11
電話:0940-43-3133

和歌山県和歌山市で辛口ラーメンといえばチャンポンさらしな

今回ご紹介する飲食店は、和歌山辛口ラーメンの元祖というべき「チャンポンさらしな」です。
私がここのラーメンを初めて食べたのは30年ぐらい前ですが、その時から大ファンになって通いつめてる程。

ちゃんぽんさらしなのお勧めメニューは、ちゃんぽんのチャーシュー(990円) です。
辛さは自分にお好みに合わせてもらう方がいいと思いますけど、お勧めはスーパーオロチョン。

スーパーオロチョン辛め・スーパーオロチョン辛めの辛め・地の果てオロチョン等の超辛口も選べますが、普通に辛いもの好きってぐらいならスーパーオロチョンぐらいで丁度良い感じです。
チャーシューのお勧め理由は、さらしなのチャーシューが凄く美味しいから。

チャーシューには味がしみこんでいて美味しいですし、口の中に入れると蕩けるように消えてなくなります。
この時に流れ出る脂の旨味・甘みとちゃんぽんの辛さが絶妙にマッチし、より一層美味しくなるんです。

あと、さらしなはカウンター席・テーブル席・家族用の大テーブル席等があり、お一人様から家族連れまで利用しやすくなってますね。

駐車場は店舗前だけでなく、北側に第二駐車(こっちの方が駐車台数は多い)もありますので、車での利用もしやすくなっています。

では今回ご紹介したチャンポンさらしなの店舗情報を記載。

店名:チャンポンさらしな
住所:和歌山県和歌山市毛見65-5
電話:073-444-9246
休日:年中無休

福岡中洲のラーメン海鳴で進化系とんこつラーメンを初体験。

店名:ラーメン海鳴 中洲店
住所:福岡県福岡市博多区中洲3-6-23和田ビル1F
電話:092-281-8278

清川、平尾、博多駅南、福岡空港、そして中洲と福岡に店舗展開している熱いラーメン屋さん、ラーメン海鳴さんです。

海鳴 中洲店は、カウンター席とテーブル席があり、外から見ると狭そうなのですが、テーブル席は7席ほどあり意外と思ったより奥行き広しです。
中洲店は夕方18:00から翌朝6:00までという営業時間なので締めのラーメンにぴったりです。

中洲店限定メニューは、イタリアンとの融合を思わせるようなネーミングのラーメンジェノバ(700円)、ラーメン火豚骨(650円)、甘辛チャーシューとキャベツが乗った海鳴丼2(350円)の3種類あり、どれも興味をそそられるところですが、ここはとんこつラーメン(600円)でしょう!

ラーメン海鳴は魚介とんこつラーメンを売りにしているようなのですが、どうも東京で食べるとんこつラーメンのような印象でして・・・個人的にはとんこつラーメンに決めました。

デフォルトのトッピングはチャーシューに白髪ネギ。
あっさりとんこつのような見た目ですが、見た目よりクリーミーで濃厚でした。
「古き良き」というより「進化系」という感じを受けるとんこつラーメンでした。

わたしは「古き良き」の方が好みかな・・・

鹿児島天文館で日本酒、焼酎と、蕎麦を楽しむ、天神房まる新。

店名:天神房まる新
住所:鹿児島市東千石町8-22
電話:099-222-4565

天神房まる新は、天文館の山手の方のアーケードの、看板のある階段の二階。
ショーウィンドウに、そば打ちが時に見える。

天神房まる新の店内は落ち着いたテーブル個室風座席と、宴会用大テーブルカウンターなど、あり、見た目より広いが、うまく、個室的な配置。メニューは少ないが、ひきたてな、うまい蕎麦が、品良く出され、人気店。

千円代からお昼は、そば定食が数種あり、天神房まる新のおすすめ。
なかにはいまは珍しくなった、そばがきや、そば粥、天ぷらもヘルシーなかきあげだったり、南部では珍しい辛味大根も。

もちろん器も焼き物、和風和装な統一感ある、優しい女性の接客は、薩摩ならではな、したから、丁寧。
夜は焼酎だけでなく、日本酒も。

一品居酒屋メニューもある。
宴会予約も大丈夫。
宴会メニューは相談により。

地震?地鳴り?と、振り返ると、蕎麦が打たれていたり、切られていたり、天神房まる新では実演を眺めることもできる。
蕎麦屋以上料亭未満な、和装美人接客もさりげなく品良い蕎麦屋さん。

天神房まる新は、田舎蕎麦の多い鹿児島で、ちょっと、品良く都会派にもくつろげる名店。
老舗がだいぶ前だが新築移転したため、綺麗で新しい。

天文館電停から徒歩5分ほど。
電停から山手に歩き、アーケードを左折すると、看板あり。

さらに山手へ歩くと、その山は城山なので、照国神社、県立博物館、県立美術館、文化センター、鶴丸城趾内に県立図書館、歴史資料館と、天文館から徒歩10分。

麺屋つくし、富山市で人気のラーメン店!

店名:麺屋つくし本店
住所:富山県富山市太郎丸本町3-10-1 第2サクラギビル
電話:076-423-2941

麺屋つくし本店は、富山県富山市で人気ナンバーワンといっても過言ではないラーメン屋さんです。
オススメメニューは何と言っても味噌ラーメンとチャーシュー丼です。

味噌ラーメンは、麺屋つくし本店の定番メニューですが、他のお店の味噌ラーメンとはかなり違う特徴的なラーメンです。
私は他のお店ではあまり味噌ラーメンは食べないのですが、麺屋つくし本店ではほとんどいつも味噌ラーメンを頼んでしまいます。
もちろんとても美味しいです。

ご飯にチャーシュー、ゆで卵、メンマがのっているチャーシュー丼はタレがご飯と合っていて最高です。
ボリュームもけっこうあるので、ラーメンと一緒に食べると満腹になります。

私はいつもラーメンとこのチャーシュー丼を食べるのですが、そんなには食べられないが、ラーメンだけだと少し寂しいという方には卵かけご飯や高菜ご飯もあります。
麺屋つくし本店はご飯も美味しく炊いているので、ラーメンだけでなく、ご飯ものもぜひ食べてみていただきたいです。

はじめにも書きましたが、とても人気店なので、お昼時は平日でもとても混んでいます。
12時を過ぎてから麺屋つくし本店に行く場合は、待つことを覚悟しなければいけません。
店員さんも忙しいのに慣れているので、テキパキしていて待っていてもイライラさせられることはないと思います。

食べれば人気があるのがわかると思うので、ぜひ一度行ってみてください。