相続税改正と節税対策

平成27年の相続税法改正以来、増税の方向に進んでいます。
自分の築いた財産をいかに節税し、子や孫に受け継がせるかは関心の高いテーマです。

相続税改正の対策として生前贈与が考えられます。
生前贈与は、遺言を残して財産を譲るのではなく、生存中に受け継がせるという方法です。

相続税改正の対策で生前贈与する場合の注意点

ただし、方法を誤ると思わぬ贈与税がかかってしまいます。
生前贈与をすればその財産は相続時に税金がかからず、税法改正の影響を受けません。

特に将来値上がりしそうな財産、収益を生む賃貸マンションのような財産を贈与すると有利です。

それは株価や不動産の値上がり、家賃収入の増加などでますます相続財産を増加させてしまうからです。

また贈与した財産は所有者が変わるので遺言書を書いたのと同じこうかがあり、遺産争いが避けられることになります。

贈与された子や孫の生活の援助にもなり、税金を払うための資金にすることも出来ます。

相続税改正の対策で起訴控除110万を利用した生前贈与

贈与税を払わず生前贈与する方法としては、贈与税の基礎控除110万円という制度をうまく利用するということがあります。

贈与税の基礎控除110万円は毎年利用することができるので、子供2人に毎年100万円ずつ贈与をしていくことで10年後には2000万円の財産が減ったことになります。

この2000万円には相続税がかかりません。
節税対策としては効果が大きくなってきます。

このように計画的に生前贈与をしていけば相続税改正の対策になります。
例えば、100万円ずつ毎年贈与をしていけば、10年後には2000万円の財産が減ったことになります。

参考:相続税改正

相続税改正と生前贈与時の税額シミュレーション

生前贈与が行われる際には、贈与税に関するシミュレーションを行うことが大事になるとされています。
実際に贈与税がどの程度必要になるかを計算することに加えて、非課税の対象になる資産かどうかも確認することが求められているためです。

最近では、相続税改正に伴い、生前の資産贈与が増加しつつあります。
そのため、このような相続税と贈与税に関する事前のシミュレーションを確実に行い、想定外に資産に対する税金が掛かることを把握しないことを防ぐ目的があると言えるでしょう。

贈与税に関しては、贈与のやり取りを行うに差異は着目すべきポイントとして認識されています。
あらかじめ贈与税の金額をどの程度なのか想定する動きも普遍的なものとして見受けられているため、このような傾向が強くなってきています。

生前贈与をする上では、このような点を重視していくことによって、手続きの際に納税も確実に済ませられるようになるのではないかと思います。
今後もこのような認識が、多くの人から抱かれるのではないでしょうか。

そのため、生前贈与をこれから行おうと考えている人は、あらかじめ贈与税に関するシミュレーションを実施しておくことが必要になっていくのではないかとみられています。