住宅ローン・ボーナス払い払えない!

現在、住宅ローンを組んでいますが、当初は返済の殆どが利息と聞きました。
金融機関の担当者に、返済額について相談しました。
毎月の住宅ローン返済額は、返済期間によって決めることができるのですが、無理のある返済額や、収支を見てぎりぎりの返済額にすることはお勧めしないと言われました。

現在の収支状況と、10年20年後の収支状況や生活状況が同じとも限らないので、余裕を持った返済額を提案されました。
余裕ができた分は積立などをして貯蓄にまわり、まとまった金額になった時に繰り上げ返済をすると返済期間を短くすることができ、当初より早く返済を終わらせることができると言われました。

住宅ローン返済期間が短くなれば、それだけ支払う利息も少なくなるので、ボーナス払いで余裕を持った返済額で繰り上げ返済を計画しています。

繰上げ返済には手数料がかかりますが、手数料を差し引いたとしても十分メリットがあるとのことです。
また、当初10年間は住宅控除を受けることができるので、10年間繰り上げ返済を行わず、ボーナスは貯蓄に回して、住宅控除が終わった後に繰り上げ返済をする方法も良いと勧められました。

税金の控除や繰上げ返済手数料など、メリットや必要経費を考えた上で手続きを行うことができればよいのですが、その際は改めて相談しベストな方法を見つけたいものです。

参考:住宅ローンのボーナス払いが払えない体験談

住宅ローンが払えない原因はボーナス払いにある?

借金返済問題が多い住宅ローン、なぜこんなに多いのでしょうか?
確かに、自動車と比べても相当高額になることが考えられる住宅ですが、返せないと分かっていて、業者も貸してくれるほど甘くはありません。

もちろん、しっかりとした審査のもとにお金を貸してくれているのですが、それでも計画が頓挫してしまうのはなぜでしょうか。
これには、ボーナス払いが原因ではないかと言われています。

今、住宅ローンの借金返済で苦しんでいる人のほとんどは、しっかりと仕事をしている人が多いです。
しかし、ローンが組めたときと状況が異なっているのが、ボーナスの支払いになることが多いとされています。

これは、景気の悪化、会社の業績が良くないことが原因で、金額ダウン、あるいはカットといった事態に見舞われているためです。
住宅ローンの何千万円という金額は、稼ぎの良いサラリーマンであってもボーナス払いを併用しなければ、生活をしていくことが難しいでしょう。

しかし、会社の業績が悪化し、賞与を出し渋りする企業も増えてきています。
ボーナスを当てにしていたローンは、通常の給料から払わなければならず、生活がついていかなくなってしまうのです。
生活費が足らなければ消費者金融でお金を借りて…という、悪循環にはまってしまう人が出てきてしまいます。

もちろん、賞与がずっと出る業績のいい企業はあります。
しかし、それが長く続くとは限りません。
ローンの債権者も詳しく調べてから融資を決めているのですが、実際には思ってもいなかった年収ダウンに見舞われる人が増えているのです。