鹿児島天文館で日本酒、焼酎と、蕎麦を楽しむ、天神房まる新。

店名:天神房まる新
住所:鹿児島市東千石町8-22
電話:099-222-4565

天神房まる新は、天文館の山手の方のアーケードの、看板のある階段の二階。
ショーウィンドウに、そば打ちが時に見える。

天神房まる新の店内は落ち着いたテーブル個室風座席と、宴会用大テーブルカウンターなど、あり、見た目より広いが、うまく、個室的な配置。メニューは少ないが、ひきたてな、うまい蕎麦が、品良く出され、人気店。

千円代からお昼は、そば定食が数種あり、天神房まる新のおすすめ。
なかにはいまは珍しくなった、そばがきや、そば粥、天ぷらもヘルシーなかきあげだったり、南部では珍しい辛味大根も。

もちろん器も焼き物、和風和装な統一感ある、優しい女性の接客は、薩摩ならではな、したから、丁寧。
夜は焼酎だけでなく、日本酒も。

一品居酒屋メニューもある。
宴会予約も大丈夫。
宴会メニューは相談により。

地震?地鳴り?と、振り返ると、蕎麦が打たれていたり、切られていたり、天神房まる新では実演を眺めることもできる。
蕎麦屋以上料亭未満な、和装美人接客もさりげなく品良い蕎麦屋さん。

天神房まる新は、田舎蕎麦の多い鹿児島で、ちょっと、品良く都会派にもくつろげる名店。
老舗がだいぶ前だが新築移転したため、綺麗で新しい。

天文館電停から徒歩5分ほど。
電停から山手に歩き、アーケードを左折すると、看板あり。

さらに山手へ歩くと、その山は城山なので、照国神社、県立博物館、県立美術館、文化センター、鶴丸城趾内に県立図書館、歴史資料館と、天文館から徒歩10分。